水素水は活性酸素を除去

テレビなどでも話題になった水素水。
普段の生活の中ではあまり聞きなれない言葉ですよね。

水素水とは、簡単に言ってしまうと「水素を水に溶かしたもの」です。
たったこれだけのことですが、この水素水には活性酸素を除去してくれる働きがあるのです。

活性酸素とは人間の体の悪の根幹ともいえるものです。
若い時は耳にしない言葉かもしれないですけどね。

人間は、だんだん酸化していきます。
リンゴを切っておいておくと切り口が茶色に変色しますよね。
これを酸化と言って、人間の体内でも起こる現象なんです。

じゃあ水素水を飲めばこの酸化も止められる?
ということではなく、そもそも酸化は止められません。

酸化するということはガソリンを使って車を動かしていることと同じで、
生きている限り酸化を止めることは出来ないんです。

じゃあ飲む意味ないんじゃないの?
いえ、いくら酸化を止められないからと言っても活性酸素を増加させたままではよくありませんよ!
この活性酸素は病気の原因のほとんどを占めているというデータもあるほどですからね。
(噂では90%以上を占めているとか・・・)

活性酸素には善玉と悪玉があり、この悪玉がやっかいな存在なのです。
水素水の抗酸化作用は活性酸素の悪玉の方だけを取り除いてくれる効果が期待できるそうです。
他の果物なども抗酸化作用がありますが、体に必要な善玉まで取り除いてしまうそう・・・
水素水は活性酸素の除去に対してのスピードも確実性も他より遥かに格上でしょう。

水素水を飲んでいる人は、きっと「美容のため」、「健康のため」といったことを気にして飲んでいる人が多いでしょう。
では水素水は実際どのようなものなのか。
水素水に入っている水素は、体内に入るとすぐに活性酸素と結合し、それを中和する働きがあるんですね。

で、この活性酸素とは元々人間には生きていくうえでエネルギーが必要で、
そのエネルギーを作り出す時に活性酸素を発生させてしまうわけです。
活性酸素には善玉と悪玉の2種類があり、水素水はこの悪玉の活性酸素の除去に非常に有効だとされています。
この悪玉は体内に過剰に溜まってしまうと体内で暴れてしまい、
結果的に細胞の酸化、生活習慣病の疾患などあらゆる病気を引き起こす原因になります。
活性酸素を除去してくれる働きのことを抗酸化作用というのですが、
これは食品から摂るビタミンCやE、βカロテンなどでも効果が得られるのですが、
水素水以上の働きは期待できないとされています。

しみわたる水素水の楽天のトップページへ

コメントを残す