しみわたる水素水の楽天商品とキヨラビを比較

しみわたる水素水の楽天商品とキヨラビ水素水を比べてみた。
しみわたる水素水は水素濃度もばっちりで熊本の天然水を使って
いるので飲みやすいのが特徴です。

ではキヨラビはどうなのか?
気になっちゃいますよね。

キヨラビ水素水はしみわたる水素水と
どんな違いがあるのか比べてみました。

まずは水素濃度。水素濃度はしみわたる水素水の楽天商品は1.6ppmです。
一方でキヨラビ水素水は1.23ppmです。

水素濃度はしみわたる水素水の楽天商品の方が高いわけです。
水素濃度は通常1.2ppm程度入っていればひとまず水素水を選ぶ条件
としてはクリアされます。

なのでキヨラビ水素水はぎりぎりセーフといった感じですね。

次は容量について比べてみたいと思います。
しみわたる水素水の楽天の商品は、500mlのアルミパウチに入っています。
アルミパウチも3重構造になっているので水素が逃げることはないでしょうね。
アルミ構造が1重だと製造してすぐから水素が徐々に抜けていき
私たちの口に入るまでにただの水になってしまいます。

キヨラビはナノ水素水と呼ばれていて水素水比較でも
安心して飲める水素水に入っています。

容量は500mlと300mlの2種類です。

しみわたる水素水は500mlなので
種類としてはキヨラビの方が選べる感があります。

しかしここで気をつけたいのが、
水素水を飲みきれるかどうかではなく、
どれだけ水素水を体に取り入れることができるのかを
大切にしたいと思います。

500mlも300mlもどちらも水素水が含まれているのですが、
水素水は開封してから3時間は水素が含まれた状態なのです。
つまり3時間以内に飲みきれば水素を有効に取り入れられる
という訳です。

高齢者が水素水を飲むのであれば3時間で500mlは
難しいかもしれません。しかし子供や成人の男女が飲むのであれば
500mlの方が断然お得です。
料金的にも健康的にもより多くの水素水を取ることができるのです。

まとめるとキヨラビの水素水よりもしみわたる水素水の楽天の商品の方が
水素濃度も高いし、容量も多くお得という訳ですね。

しみわたる水素水の楽天のトップページへ

コメントを残す